iPhoneのディスプレイ・サウンドの進化について

iPhoneのディスプレイ・サウンドの進化について

AV機器としてのiPhone

今やテレビやCDプレイヤーを買わない人が増えているほどに、スマートフォンを通じて様々なエンターテイメントを楽しんでいる人が存在します。それほどまでに普及したスマートフォン。その代表ともいえるiPhoneにはディスプレイやサウンドに大きな進化の跡がハッキリと見えます。

ディスプレイの解像度は10年間の月日を経て約18倍の性能向上がありました。また、ディスプレイの大きさも時代の流れに合わせて少しずつ変化を遂げています。しかし、ジョブズが亡くなるまでの期間は同じ規格で統一されていました。サウンド面では、iPhone7からステレオスピーカー機能が搭載されました。今まで下部にしか付いていなかったラウドスピーカーを上部にも設置したことで、横向きで使用した場合にiPhoneそのものからステレオサウンドが流れるという画期的な仕様に生まれ変わったのです。また、iPhone8からは最大音量の上昇、低音域の強化など様々な意味でサウンド面がパワーアップしています。

美しい映像や音楽を楽しめる環境がiPhoneを使って手軽に楽しめるというのは、iPhoneユーザーだけでなく、多くの人にとっても有益です。何故なら広く普及した高い技術は、その他多くの技術の裾野を広げることになり、またその技術の向上はエンターテイメント自体のレベルアップにも繋がるという意見もあるからです。この章ではiPhoneのディスプレイとサウンドについて説明しています。貴方のお役に立てれば幸いです。


■ iPhone関連 おすすめサイト ■
iPhoneの便利性は、持ち歩き用や外出先だけでなく、自宅でも音楽プレーヤーなどのAV機器として使える程です。もし壊れてしまったら、出来るだけ早く修理したいと思うでしょう。数あるiPhone修理業者の中でも、即日での修理が可能なお店をご紹介します > iPhone 修理業者